会社経営者に嬉しい商工ローンというサービス

ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

現金を持たずにお買い物

硬貨

街でもネットでも使える

近年、ネットショップはもとよりリアル店舗でも急速に普及が進んでいるのが、電子マネーです。電子マネーとはその名の通り電子技術を使った通貨のことですが、法律上の通貨そのものではありません。一種のポイントサービスに近いものですが、使える範囲が非常に広いこと、現金や預金から電子マネーへの交換が簡単にできることなどの特徴を持っています。電子マネーの普及が進んでいる理由はいくつかありますが、最も大きいのは現金を持ち歩く必要がなくなるということです。安全性が極めて高いうえ、小銭のやり取りを行う面倒も省けます。また、クレジットカードなどと連動させることでポイントも貯めやすくなります。実質的な割引サービスになるとして人気を呼んでいます。

端末にかざすだけ

電子マネーにはさまざまな種類がありますが、まず会員登録を行い、リアルマネーをチャージ(入金)して使用するという点ではおおむね共通しています。会員登録は個人情報が必要な場合もあれば、ただカードを発行するだけで良い場合もあります。使い方はおおむね2通りです。1つはICチップを埋め込んだカードを発行してもらい、買い物等の際にこれを端末にかざすというものです。もう1つは、スマートフォンに専用アプリをインストールしておき、画面を端末にかざすというやり方です。ネットショップで使用する場合は、カード番号を入力するのが一般的な方法です。チャージの仕方は、駅や商業施設などに置かれている機械に現金を入金するやり方が主流ですが、クレジットカードと一体型になったICカードの中には、残高が一定額以下になったら自動的にチャージできる機能を備えたものもあります。